admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかもう全部UPした気でいたwww
これが最後です。。。

その1
その2



では、以下どうぞ!!!


祭りも一通り終わって
休憩タイム、じゃない映像タイム

過去のバクステ映像的なものに
モノローグをかぶせたものを流してくれたのですが・・・



「不安でした」って流れた画面の3人が・・・



しょぼぼぼーーーーーん(´д`)/(-_-)\(・ω・`)



不安がりすぎ(笑)



映像つくったスタフ、やりすぎ(笑)
しかも今回のバクステ映像じゃないし
使い回しすんなYO!



初日の「わかったです」も
申し訳ないけどウケた\(^o^)/

一所懸命つくってくれたんだなって思いましたけど・・・



制作スタッフに
日本人はいなかったのかなぁ?

指示のカンペもハングルだったみたいだし
それなのに
あんな大きな会場で
三日間の公演をちゃんと務めたなんて
3人もすごいけど
スタッフもやるなぁ~



終わりのない時間



果てしない暗闇



そこからJYJを取り出すんだって
JとYとJを
それぞれが手にしていたけれど



そのJもYもJも
終わりのない時間を経て
果てしない暗闇を越えて
初めて手にしたものなのだから



この時間と暗闇の中でみつけたすべてのものと
しっかり向き合っていってほしいなぁと
ワタシは思います





そしてここで、インヘブン

伝家の宝刀をここで?!
って思ったけど
よく考えたら
ムリクリしんみりムードに持ってって
ラストに歌うよりずっと自然かも
不安がりすぎ映像からも
自然に入り込めたし

今回のドーム公演、構成が巧いです

コンセプト・物語がちゃんとあって
それに則ったセトリなので
感情移入しやすい
だから、LIVEの世界に集中できる~



前半のJYJ曲は
ジェスの2トップに
ユチョのテクニックを織り交ぜた構成だったけど
このインヘブは
チョンジェのコンビプレイと
ジュンスの個人芸の
2本柱で構成された
見応えのあるステージでした

チョンジェのハモリが
とにかく迫力あって完ぺきで
息もできないくらいでした
特にジェジュンのパートは初めて聴いた旋律だったので
これもまた
今回新たにアレンジしたのかしら?

曲前に
光る迷路から降りてくるとこで
バンドさんたちが演奏してたインストverも良かったし



聴くたびに
みずみずしい発見があるメロディ



ちょっとやそっとじゃ
すたれない
へたれない音楽
ソウル・ミュージック、魂の音楽、心の歌

そういうのって
大人になると
なかなか巡り会えるものじゃないですから

やっぱワタシにとって
この3人は
貴重で得難い3人なんだなぁと思いました
大切にしなきゃなぁと思いました





ボーイズレターも
すっかり名曲の域―――

インヘブに
負けるとも劣らない歌唱っぷり
彼らは持ち歌ならどの曲でも
“鉄板曲”として聴かせることができるようになったんだなぁと
しみじみしちゃいました

「いやー、ここには少女って人は少ないッスけどね、ニッコリ」
って
ジェジュンに軽くディスられた
釜山を思い出したけどね。。

ここで
もう少年としては育っちゃった感のある
3人から直筆&日本語のメッセージが
スクリーンに映されたんですが



ユチョンの
「僕がここに立っている理由こそが
 皆さんがここに立っているそのものです。」

ってフレーズに
ワタシはズギュゥゥゥーンと射抜かれてしまいました



おかしな日本語でしょ?
何を云うてるのか、一読ではわかんないでしょ?
はぁ?ユチョンがまた小難しいこと云うてるぜって
思ったでしょ?

でも、
ありきたりな表現でなく
綺麗事でもなく

僕がいて、皆さんがいる
皆さんがいて、僕がいる

これってすごい本質的だなぁ
アーティストとファンの関係、としてだけでなく
人と人が互いに存在する理由として
これより
的確で、率直で、正しいものはないんじゃないかなぁって
ハッとしたんです

あああ、ワタシが解説すると
せっかくのユチョンの良い言葉が
チャーリー浜になってしまうヲヲヲヲヲ

とにかく
このわかりにくい言い回しだからこそ
ユチョンの気持ちが
生のまま、ブレなく伝わってくるんです

うまい言葉の使い方するよな~
どこかでパクらせてもらお( ..)φ





ゲトアウトの
ボックスステップじゃなかった
シャッフルダンスは定着したのですね。。
キライじゃないけど
なんかダセェくない?!って感じるのは、
豪州発だからかしら。。

って、これが実質デビュー曲
だとワタシは勝手に思ってるんですけど
(カニエ盤はパイロット版みたいなもん)

ゲトアウトは
いつ聴いても萌えたぎる~~~
もどぅだ、バイバイさらnど~~~♪
もどぅだ、バイバイうじょnど~~~♪
ケノジョもダチも
全部バイバイ!!!
って歌い上げる
やけっぱちだけど真剣な強がりがたまらない~~~~~

これとエンプチーは
JYJがおじいちゃんになっても
絶っ対LIVEでやってほしいわ!





なんてキャーキャーしてたら
あっちゅー間にダンサーTime

今回は日韓混合チームということで
RYOさんYU-KIさんたち
かつてのトーホーダンサーさんたちがいらして
そればかりは
ゆゆゆの目にも涙でしたね
(ナンダソレ)

ゴニョンさんとRYOさんの
カップルダンスとか
あーーー感慨無量・・・

この兄さんたちだって
いろいろあっただろうに
ここまで3人のことを支えてくれて
ありがとうございます!!!
これからも、これまで以上の愛と力で
彼らのこと
よろしくお願いします!!!





と、ここでガラリと空気が変わって
サインボールトロッコの
ユーアー&ちゃじゃったです



ワタシ、個人的には
このサインボールコーナー苦手(・∀・)

だって
ウギャーウギャーやってるうちに目の前通り過ぎてっちゃうし
わかっててもやっぱり
拾えなかったら凹むもん
ボールgetするためにニラニラしてて
カバユスなとこ見逃したりするのもヤダし

関係ない遠方席だったら
お地蔵様のような心でいられるけど
届きそうで届かないキョリや
バズーカ投入とかあると
もしかして、、、って期待しちゃうもんなーーー



とか云いながら
うちわ職人の友達がこさえた
IJJうちわを
胸の高さで(←重要。)振りかざし、
ウワンウワンアピった3日間でした~
つまり、存分に楽しみました~~~エヘッ!

シャカリキになって
バックネット越えを狙うシアちゃんとか
お決まりのように
キャッチし損ねるチョンジェとか
そのへんまでは
生温かい気持ちで見ていられたんだけど―――



投げるフリして投げないユチョンとか
撃つフリして打たないジェジュンとか



アンタ選んでるよね(^ω^ )
可愛いコに投げつけようとしてるよね( ^ω^)
若くてスタイル良くて可愛いコに
オレの受け心を差し上げたいって思ってるよね絶対(^ω^ )



(誰かジェジュンちゃんに正しい漢字を教えてあげて)





ちゃじゃったは、
JYJとファンの定番中の定番
ソウル・ナンバーですね

ユチョンの歌い出しが
どんなに聴こえなかろうと
ジェジュンの入るタイミングが
どんなにズレようと
(今回はダイジョブだったけど)
シアちゃんのスイングダンスが
どんなに古いノリふかわりょうだろうと



この曲に、かつてのワタシは救われました



この曲を聴くまでのワタシは
3人に対してどこか遠慮して、気後れして
すべてがギシギシしていたっけ
なんでこんなことになっちゃったんだろう
なんでこんな選択をしちゃったんだろう
鬱屈としていたワタシを
ふたたび彼らの音楽の世界へ呼び戻してくれたのが
このちゃじゃったでした

この曲がなかったら
今ごろ何してたかな
たぶんJYJのファンやってなかったろうな



次の次の週、おなじドームで6色のサイリウム握り締めてたかもなw



6色はさて置き、
これが3人になって初めて韓国でリリースした曲ということもあって
ワタシだけじゃなく
ファンにとっても思い入れの深い曲だから



東京ドームという場所で、一緒に歌えてヨカッタ!!!!!



こういう思い出の一つひとつが
ワタシと3人をつないでいるんだなと
今回改めて思いました
途中でズッコケたり
シラーッてなることもあったけど
それらも含めたすべてのことが、一つひとつ重なって
ずーっと続いていくんだなと



それがジェジュンの云う“永遠”ってものなのかもしれないなぁと



そんなことを思っていたので
ラストの男前パートを譲ってもらって
「愛してるよ・・・キャッハーーー」の後に
二日連続で転げ回ってたジェジュンちゃんのこと
全力でモエることができませんでした

くそぉ、いつものことながら
かわいこぶりっこしやがって(`Д´)ノ
ホントはユチョンよりもカッコ良く云えたって
思ってるくせに(`Д´)ノ
テレながらも「こんなオレ・・・カワイイ」って
思ってくくせに(`Д´)ノ



でもね、



そんなジェジュンだから、ワタシはジェジュンが大好きなんですYO





と、盛り上がったところで
MCが入るのですが

「ここでちょっと懐かしい曲を――」って
云い出した時
一瞬チクリとしました

だって、
明るい気持ちで懐かしがれる曲なんて、あったっけ?



ジェジュンが云う
「丸4年前」ってのはいつのことなのか
ファンの間でも論議されていましたが
ワタシは単純に
ジェジュンのミスってか
韓国のいつもの数え年的なものだと
思っていたので
特に気にしませんでした
最初っから2万なんちゃら時間って
掲げてるしね



初日、ジェジュンはただ
「思い出し・・・ますね」って云いました
言葉を濁すように、
私たちに委ねるように、数回云いました



ジェジュンは何を思い出したんだろう



それは、
云いたくないことなのか
云うまでもないことなのか
云ったら何かとめんどうなことなのか

こればっかりは
本当にわかんないです

ただはっきり云えることは
何を思い出すのか
わかっているのはジェジュン本人だけであって
それは永遠に、他の誰にもわからない



誰にもわからないこと、なんです





そして歌ったのは、レイニーブルーでした

感謝祭ドームでは
「やっぱり足りない」と感じたこの曲ですが、
今回のレイニーブルーは
とても濃密なレイニーブルーでした

それぞれの声が、
ガラスのようにキラキラ際立ってから
いつしかしっとりと染み渡ってゆくコーラス



こんなの、他の誰にも歌えないでしょ



初日にこれを聴いてワタシは
2人神起が
FNSでレイニブルを歌っていたのを思い出しました

タンミンが
ものっすごい怖い顔して歌ってて。。。

ああ、この歌は
もうこのコの歌じゃないんだなって。。。



にまんナンチャラ時間は、
3人からたくさんのものを奪ったかもしれないけど
少なくともこの歌は
奪われなかったんじゃないかなと
思いました

5人のレイニーブルーは
3人に返してくれたんだと



にまんナンチャラ時間を経たおかげで
ワタシはようやく
わだかまりもないレイニーブルーを聴くことができたのです



もちろん、レイニーブルーは徳さんのものですYO!!!
そこはまちがえたらイカンですYO!!!





そして、最後の最後のMC

ここでは
これまで応援してきてくれてありがとう
これからは
もっと、どんどん日本に来るので
応援してください的な話をしてくれたんだけど

中日だったかな?

ジェジュンが云ったんです



「昔は自分たちもチョキだったから・・・」

「・・・チョキでがんばったけど」

「・・・若かったからチョキだったし」




???



すみません
3回目くらいでようやく強気って変換されました

個人的には
そういう反省トークはお腹いっぱいって
LIVEがあるたびに
何回も何回も思ってるんですけど



これが初めての生JYJってひと、たくさんいるんですよね



ワタシもわかってます
ここにいる
おそらく半分くらいの人は
「丸4年前」の感謝祭ドームには来ていなかったんだろうし
でもってさらにその半分くらいの人は
ケーポスキだから行ってみようとか
ソンギュンカンの主役の人が来たから
歌を聴いてみようとか
2人神起からのファンだけど
残り3人も観てみようとか
そういう方たちだってこともわかってます

いまの3人を支えているファンの中には
「この3人だから」・・・ってワケじゃないひとがいるってことも



3人も
そういうことすべてわかってるから
だから何回も何回も云うんだよね



そういうひとたちにも
JYJって3人がどういう男なのか
わかってもらうために
何回も何回も
「すみません」
「ありがとう」って云う彼らのことが
ワタシはスキなんです



でも結局
このドーム以降の活動については
具体的な話はなかったね。。

まぁ、そう易々と活動させてくれるワケないと思ってたけど



シアちゃんが
「これから日本全国を回りたい」って云ってたから
今回はなくても
新しいアルバムが出てやるツアーは
絶対地方公演あると思います!

彼らは絶対ウソつきませんから!
インディアン、ウソつかない!
JYJ、ウソつかない!!!



そうそう、
ウソっていえば
友達から又聞きした話なんですが
今回のドームで
「とうほうしんき(5人)の歌を歌った」とか
「これからは5人でガンガリます!」とか云ったって
情報がネットで回ったらしいのですが・・・

ウソっていうか、それただのでたらめ。。。



ワタシ別に
オルペンさんを否定はしないけど
そういうのはイクナイと思います

妄想と捏造はちがいますから

妄想はイタイなぁ(苦笑)で済むけど
捏造は度を越したら裁判沙汰



だって、ユチョンがはっきり云ったじゃん



「この、3人、だけは・・・!」って



このユチョンの言葉を聞いて
それでも5人を求めるひとがいるとしたら
それは
妄想の中だけにとどめておいた方がいいかもしれないです
少なくともそれを
3人に求めるひとが(以下略)



って、それはどーでもよくて



勝ち組、、、なんでこんなに云うことが男前なの(((´;ω;`)))



こういうところが
「勝ち組が勝ち組としてここに立っている理由そのものです。」
←さっそくパクるw

もうワタシ、
ユチョペンになってもいい!
てか、なりたい!!なるぅぅぅ!!!うぅぅぅぅ!!!!!!



←って思ったJJorJSペン、少なくないと信じてるっ





そして最後の曲は、フォーリンリーブス

この曲もまた
どこに出しても恥ずかしくない
JYJの“鉄板曲”ですね



もー、鉄板ばっかでJYJ屈強すぎwwww



この曲とも
付き合い長いですね
聴くたびごとに、JYJの色が強く濃くなってゆく

ユチョの
さらみんがば~、くりうみんがば~のとこ
ついつい
「愛なんだなぁ~、恋しさなんだなぁ~」と脳内変換してしまうワタシ
※木箱DVD字幕より

ひたちなかの字幕はそうじゃなかったので、
チェッだったんだなぁ~、残念だったんだなぁ~



最終日にあった
黄色ペンライト企画

えっ、何?そんなのやるの??
ってカンジでいたら
後ろの席の方が
「どうぞ~」ってサイリウムをくださいました
(ありがとうございます)



すっごい、キレイだったね



最近思うのですが
やっぱりペンライトの色は統一されていた方がキレイ

ももクロちゃんのコンサートなんか
それはそれで
カラフルで素敵だわって思うけど
客席がガツンと一色に揃っている光景は
それだけでコーフンするし
アツくなるもん

こんなこと云ったら誤解されそうだけど
最近のグループ、何色も色があるのは
個人色があるからというより
カケモヲタが多いからなんじゃないかなと思ったりしてwww

色数の多さは
気持ちの多さの表れかとwww

それを悪いと思わないけどね





で、映像またぎのアンコール

ここでキタ━(゚∀゚)━!のは、ビーマイガール!!!



会場全体が
ぱぁ~~~~~っと明るいライティングになって
はじけるように躍り出てきた
JYJとダンサーズ~~~~~



ん?明るいライティング・・・



そうなんです
ここで準備されていたペンライト企画
ピンクが、、、
ちょと目立たなくて、、、



珍しく
ちゃんと持ってきたのに、、、
(って、友達から借りた天上智喜のペンラだったんだけどw)

でも、気を取り直して
ガンガンガンガン盛り上がったったーーー\(^o^)/
やっぱフリ付き曲は
参加してる感・一緒にやってる感があってイイネーーー\(^o^)/

このちょいムズいデンスも
もう忘れてる&簡単にできないから
キャッキャなるよね、
ターンなんて
客席狭いのにやれって云われるから
キャッキャなるよね
何より
会場のあちこちでキャッキャやってる3人を見ているだけで
キャッキャなるよね



曲が終わって
会場の皆が、アタマから湯気立つくらいキャッキャしたところで



気配り男のジェジュンちゃんが云いました



「○○○○、ありがとーーー!!!」



ワタシにはね、
アンコルありがとーって聴こえたんですよ
ええ、さすがジェジュンちゃん
客席のピンクに気づいたんだなと
だからお礼云うたんだなと

ところが
ワタシの友達には
このジェジュンちゃんの一声がこう聴こえたそうです



パープル、ありがとーーー!!!」



!!!!!紫!!!!!



!!!!!ピンクでなく紫!!!!!



wwwwwwwwwwwww



たしかに、
ステージの照明がこの時は紫っぽかったし
赤とピンクの見分けがつきにくいくらい
会場全体が明るかったし

ホントのホントにジェジュンが
パープルって云ったかどうか定かではありませんが
「おもしろいからそういうことにしとこう(ノ∀`)」byウリチング





そしてそして

「JYJのLIVEは
 エンプチーに始まってエンプチーで終わる」
と云わしめた
エンプチーです

ぱーーーーーって
わーーーーーって
爆発して、沸騰して、蒸発してしまって
あっちゅう間に
エンプチーは終わってしまいました

ワタシの中のいろんなものが
ぷすぷすしゅわしゅわしてるスキに
あっちゅう間に
JYJは帰ってしまいました

最近はトシのせいか
最後の最後まで集中力が持たなくて
ハケ際までがっついていられない・・・アアアアア




最終日
花道を駆け抜けるジェジュンちゃんは
ちょっとヤバそうだったけど



ジェジュンは泣きませんでした



そうだよ~
だってもう泣く理由なんてないもん

こうやってまた
日本で歌えるようになったジェジュンに
泣く理由なんてこれっぽちもないんだから

どんなに待たせても
どんなメに遭っても
どんな日程でもw
こうやって自分たちの歌を聴きに来てくれるひとがいるんだから
泣いたりしたらバチ当たるんだから





ということで
前代未聞の東京ドーム3DAYS(※注:平日)公演は
3人と15万人の笑顔で幕を下ろしました

毎度のことながら
終わってみると
それまでの騒がしさがウソみたいな無事っぷりに驚きますね^^;

それもまた
観客を300%満足させる
説得力のあるパフォーマンスの賜物なのですが



個人的には
ファンがファンを叩くのは好きじゃないし
罪を犯したことのない人だけが
石を投げればいいだろうし
あー、ワタシも
ジェジュンちゃんpgrなんて書いてるから
あんなふうに凸られるかもしれないなとか
思っていたりします



んでも、終わりよければすべて良しで
いいんじゃないかなと思います





えっとですね
今回のツアー、グッズなんていらないわ云うてましたが



うちわ買っちゃたんです\(^o^)/



したら
Jのつく有名な事務所の
今や超人気グループの○○を
デビューからずっと応援している友達が云うんです



「うちわがさー、デビューん時から買い続けてるからさー
 もう15枚とかあるのよー
 
 そうなるとさー

 買うのやめる、とかいう選択肢はないのよーーーーー

 買うしかないのよーーーーー



あ・・・アタシも
ひたちなか、ソロコン、って
ジェジュンうちわ買ってる・・・







買うしかないのよー
応援するしかないのよーーー


ワタシはもう、そうするより他がないのよーーー





ファンはやめても
うちわは買い続けるような気がする(ボソッ)
テーマ:JYJ - ジャンル:音楽




ゆゆゆさん天才! Part1~3、読みながら何度も爆笑しましたよ~^^ ライブDVD早くでて欲しいな~! 
ひたちなかで「僕たちまだ曲が少なくてこのぐらいのライブしかできないけど...」と言いながらあの状況の日本で「Boy's Letter」と「You're」を歌わなかったのは3人の誠実さだとずっと思っていました。今回歌ってくれてとても嬉しかった!
めっちゃ楽しいそして感動的なライブレポ本当にありがとうございました~♡♡
【2013/05/22 20:51】 URL | なおこ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/22 22:32】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/23 15:57】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/23 17:12】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/26 20:01】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/06/01 23:44】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ねさるめ サウンドトレック YU*1, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。