admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 XIA THE BEST BALLAD SPRING TOUR CONCERT IN JAPAN



・・・の、大阪最終日に行ってきました!!!

シアちゃん@年末の風物詩に
ここ日本で、しかも城ホールで参加できるなんて
有難いことですわ^^^^^^

しかも
ミュージカル俳優キム・ジュンスの
筆おろし、じゃない
初めての相手役だった
チョン・ソナたんがゲストでやって来るなんて!!!



と、いうことで
またもやお友達のご協力を得て
行ってきた次第でございますウフフフフ

てか、チケット当たらないどころか
今年のメンバーシップ会員証が
まだ届かないんですが
(ワタシだけ?)
更新はされてるみたいだからいいけど
ルッ○リいいかげんにしろい!



毒吐きはここまで
以下、所感をざっとまとめた
書いて出しです

日頃、どんな文章でも
寝かせるようにしてるのですが
今回はそのまんまをUPします
すみません。。。

トエンの更新もしなきゃならないし。。。



tri0530
犬クズが待ってるもんでwww



ちなみに座席は
アリーナ14列上手側
トロッコからも近くて
日本でこんな接近シアちゃん拝めるなんて~~~
東京からやって来た友達が
泣いて喜んでたッス^^^^^



では、どうぞ



ドラマを見て
ドンウクシーにプチハマってしまった
You are so beautifulも

本人半笑いしながら
セクシデンスしてくれた
ノーリージュンも

思ってたよりもイイ歌で
ミュージカルも観にいけばよかったと後悔した
12月も

「大失敗!大失敗!!」って
Sマップ先輩を盛大にディスった(違)
らいおんハートも

「僕らの音楽、いい番組でしたね」って
きくちPが聞いたら泣いて喜ぶだろう
言葉にできないも

バラードになっても目減りしない
むしろもっとパワーアップしてる
「3点!3点!!」の破壊力も

日を重ねるごとに
マイナーチェンジする
「ハイエナみたいなおじいちゃん」

どれもこれも
忘れられない思い出がまた一つ増えました
(なつかしい~)
って感じだったのですが―――



とりあえず、
ワタシが印象に残ったのは、この3点

・ミュージカルナンバーの数々
・アンコミの演出
・トンメドレーについて



シアちゃんのミュージカルは
モーツとエリザしか観てないワタシですが
今回のセトリは
もう一度聴きたかった曲ばかりで
うれしかったです

闇広~最後のデンス
会場が広いのと
ルドルフがいないのとで
劇場で感じた
あの閉塞感や鬱屈感
緊密感が薄まったように思えましたが
その分、
歌手キムジュンスのナンバーに仕上がっていて
ショーアップされていました

こないだ横浜でやったシアコン
あの時にも感じたのですが
シアちゃんは声量と存在感がハンパないので
一人で歌ってても
一人って感じがしないんですよね
独唱なのに、アンサンブルみたいな
いやいやそれ以上のスケール感

それは
彼のビブラートに起因するのかな?と

シアちゃんって
どんな歌でも
歌い始めから歌い終わりまで
ずーーーーーーーっとビブラート利かせて
歌っています

そういったテクニックは
歌手の方なら誰しも行っているのですが
シアちゃんみたいに
ロングトーンからウィスパーまで
コーラスから鼻歌まで
すべてに渡って
「~~~~~~~」って響かせて歌う歌手って
そういないと思うんです

人の声って
無限な力を持っていて
人の心を動かすんだなぁって

以前はそんなシアちゃんのこと
「モリシンイチかよ」って思ってたのですが
(ヲイコラ)
そのくどいとすら感じられた力技が
いまこうやって
ミュージカル俳優として華開いたんだなと
今回のステージを観て
思い知らされました



最後のデンス
ギャーーーーーハハハハhhhで〆た後
すっきりした表情でMCを始めたシアちゃんが
黒い涙を流していたのに驚愕しました



あ、、、汗か、、、



感極まってではなく
頭皮でかいた汗が顔に流れてきて
アイラインと溶け合ったみたい

冒頭2曲で
トート様メイクは完全に落ちきって
ソナたん出てくる頃には
ホカホカすっぴんな
赤ちゃんシアちゃんになっていました^^^^^





そこからの
チョン・ソナたんとのデュエット曲も
素晴らしかったーーーーーーっ!

「私が踊りたい時」なんか
観てるだけでもう
羽ばたきたくなるってか
全身の細胞が逆立つというか
ごうごうと音を立てるうねりが
容赦なく押し寄せてくるというか

安西先生、
じゃなかったリーヴァイ先生のメロディの美しさは
云うに及ばずだけど
それ以上に
2人の重なる声が
堂々たる佇まいが
奮い立つ動きが
ナイフのような目線が
激高する呼吸が
2人のすべてが
全力で抗い合いながらも
それを上回る力で
お互いを求め合っている様は
もう人智を超越しまくってて
ワタシの情緒キャパがいっぱいになって

エリザの時と
まったくおなじ状況に陥ってしまった。。。

って、
超ド級な歌と
まんま幼児なMCのギャップが激しすぎるってところ
シアちゃんとソナたんは似てますね^^

似た者同士だから
ゲストに来たのか
ゲストに来たから
似た者同士になったのか

そういったら
コミオッパとジェジュンも似てたよね
クールなルックスも
美麗なハイトーンも
くだらないこと云ってから
「スミマセン。。。」って謝るとこもwww





アンコミの演出は
何これ!って驚きました

雑に説明しちゃうと
うごめく宇宙空間の映像が映し出されたステージに
シアちゃんがぐーっとせり上がっていくんだけど
そのステージと客席の間に
白い半透明なスクリーンが吊るされて
観客からは
紗がかかったシアちゃんが
(not親父ギャグ)
宇宙空間を漂いながら歌っているように観えるという
アクロバティックかつ
幻想的なステージ演出

観ているこっちも
宇宙に浮かんでいるみたい~~~

シアちゃんの歌う姿を
薄ぼんやりと見せることで浮遊感を出し
ギャラクシーな世界観を
観客に体験させてくれるのです



クリアに見せないことを逆手に取った
斬新なステージング

これはもう一回観たい!
体験したい!って思いました
進化verをぜひJYJでもやってくれ!!!





で、今回のバラコンで
物議を巻き起こした
東方神起メドレー

東京公演の初日
タヌキで聴いてて
我が耳を疑いました

次から次へ
あの時、あの場所で聴いた
大切な曲が
いまのシアちゃんの声で聴くことができるなんて



ワタシ個人は
何度も云っているように
5人神起を否定する気持ちは
まったくありません
5人神起がいたから
いまの3人がいて
いまの2人がいるのです

ワタシが応援していた
5人神起には
イイ歌がいっぱいあるし
イイ思い出もいっぱいある

少なくとも
あの時、あの場所で、
ワタシは間違いなく幸せだったし
彼ら5人も幸せだったと思う



そう思っているから
現在のシアちゃんが
こうやって真正面から歌ってくれることは
率直にうれしかったです

ああきっとシアちゃんも
おんなじように幸せだったよ、って
云ってくれてるような気がして



そう思いながら
大阪で聴いて
シアちゃんひとりでなく
大人になった彼らが
一緒に歌ったら
どんなふうに聴こえるだろう

そんなことを考えてしまいました



てか、
その後のシアちゃんのMCのが衝撃大きすぎて



「いま日本の歌を聞いてると
 自分の声が若い!
 そして、日本の歌をあまり覚えていない
 こんな歌を歌ったっけ?って思うことがある」




って話は本当に衝撃でした

ちょ、、、ワタシの幸せ返してwww
って思っちゃったけど
たしかにジニタイムでお願いされる昔の曲
ビックラするくらい
覚えていませんよねwww

まー、1回のツアーでしか歌ってないような曲は
覚えてないよね。。。
ワタシも忘れてるよ。。。
アイルビゼア?
ウィズオールマイハート?そんな曲あったっけ?思ったしwww




さらに衝撃だったのは



「韓国で出した曲は、ほとんど聴かない
 日本で出した曲は、よく聴く
 たぶん
 他のメンバーもそう」




え。。。。。そうなの?
なんで?なんで?
他のメンバーって
ジェジュンもユチョンもそうだってこと???

だって、
ショジキ、シアちゃんについては
韓国の方が扱い良かったんじゃ。。。
韓国では
カリスマシア!って
当時からソロ活動もさせてもらってたし
メンバーの中でも1、2を争う人気だったのし
いまだって
韓国のミュージカル界じゃ
押しも押されぬトップアイコンじゃないの!
片や日本では
どこへ行っても親父ギャグの子呼ばわりの
オチ要員で。。。

それなのになんで・・・?

・・・って訊いても
シアちゃんの日本語能力じゃ
その理由は説明できないだろうな
いや、もしかしたら
韓国語でもできないかもw
なんて、
失礼千万なことを思ってたら



「日本では、アルバムもシングルも出したなぁ・・・」



この一言で
持ちこたえていたものが
ぶわーーーーーーっときてしまいました(((((((T^T)))))))

ジュンスは
ジェジュンみたいに
自分の思ってること
ちゃんと言葉(日本語)にできるタイプじゃないけれど
ジェジュンとおんなじように
日本の活動を愛していたし
いまも変わらず
日本のファンを愛していてくれてるんだと
その一言で感じました

シアちゃんきっと
今回のMCは
不自由な日本語で
云いたいことの半分も
云えてなかったと思うんです

“ゆかり”くらいしか
気の利いた日本語を使えなかっただろうけど
でもワタシにとってこの一言は
どんな達者な日本語よりも
ストレートに響いたし
共感できたし
何より、うれしいありがたいあたたかい言葉でした





うわーーーーーーー
ジェジュンもジュンスも
うちの子どもたちは
どうしてみんなこんなに良い子なのpqpqpqpqpqpqpqpqpq

あとはユチョンだな(ドヤァ)
ソロファンミ、
日本でもやってくれないかなー
こんだけ韓流スタァたちがペンミやってるんだから
ユチョンだってやってもいいのに。。。

って、そのユチョンが
猛烈仰天勇敢壮絶カッチョ良くキメてくれたりするんだけどね





てことで、
ウリチョンサをウソツキにさせないように
他のメンバーもがんばらないと!



待ってますよ^^^^^



ダゴヤで涙涙涙のお挨拶をしたジェジュンが
どんな顔して日本にやって来るか?!?!

全然ウェルカムだけどね^^^^^^




ゆゆゆちゃん、レポありがとう〜♪
正直ジェジュペンの私は同僚のシアペンに付き合って参戦するって気分だったんだけど、始まってみれば、感動と愛と笑いに溢れた3時間のシアワールド、思いっきり楽しんでた!!さすがジュンちゃん!
ナイスなキャプチャとユーモア溢れる鋭い視点のねさるめトライアングルも更新楽しみにしてるね♪
【2014/05/31 00:16】 URL | なおこ #-[ 編集]
なおこさんに。

こないだは、どうもありがとうございました^^^^
なおこさんたちのラッキーに
便乗させていただいちゃいました^^^^^

シアたんのステージは
いつもそのパワーに圧倒されてしまいます~
ジェジュンのソロとはまた違う世界観がありますね

トエン更新。。。
なんかブログ編集ページの調子が
絶不調でTTTTT
ワタシのPCが悪いのか、いまのところわからないのですが
このままじゃ困ってしまいます(ノД`)・゜・。
【2014/06/05 22:50】 URL | ゆゆゆ(threeU) #I3ynuaOo[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ねさるめ サウンドトレック YU*1, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。