admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッタでもつぶやいていましたが、
ワタシ、京セラ初日に行ってきました



正確にゆうと
「半分だけ観てきた」・・・
どうしても日帰りせずばなるまい事情があって
途中退場とゆう
残念な参加になってしまったのですが

行ってヨカッタです

今回、チケット全滅だったこともあって
自分はもぅ東京で参加できれば満足だって思っていました
たくさんの方に心配してもらったし
協力もしてもらったし
そのおかげで
東京公演のチケットを譲っていただけるようになった時に
もうこれで充分って思っていたんです

ところが

「ゆゆゆさんがもしも東京ダメだったらと思って
京セラチケット、とっておきました」
「行きたい!って思ったらいつでもゆってね」
って、
わざわざチケットを用意していてくれた友達がいて

こんだけたくさんの方に迷惑かけておいて・・・
って悩んだんです
他に行きたい方だっているだろうし
ワタシがここで行くことで
行けない人が増えてしまうかもしれないし・・・





なんだかんだゆって、行っちゃったんですけど





とゆうことで、
ライヴ前に立ち寄った東方聖地・二条城





10060701
お客が20人くらいしかいなかったと
後々までグズグズ語られる 伝説のライヴ会場前(笑)

友達いわく
ライヴの前にラジオ収録した新風館で
収録後、わざわざ特別映像などを流し
そのままファンが居残るように仕掛けてくださったおかげで
そういう事態になったとか
(まー、ヒドイTTT)
つまり、
ファンをまくようなやり方で
行われたライヴというのが真相であって
決してファンが少なかったとか人気がなかったとか
そういうことでは絶対になかったのだとか

そんなKBSラジオさんの計らいが
後に どんだけトラウマ になったことかーーー(`Д´)ノ
謝罪してほしいワ!プンスカ!!





10060702
とゆうことで
こちらが 新風館ステージ

雰囲気としては
川崎ラゾーナの1/7スケール(笑)
こんなこじんまりしたとこだったのかーって
驚きました

映像で見ていた場所だったので
そうそう~、ここここ~、みたいなテンソン♪

モリワキケンジさんが
どのように関係してたのか気になりだったのですが
おなじくゲストだったのですね~
参加してた友達の解説を拝聴しながら
当時の状況などを思いめぐらせていました





とまぁ、
こんなカンジで京都聖地を散策して
会場入りしたのです





ここから先は、京セラ5日の報告となります
ガンガンネタバレ
しかも途中までTTTTT
勘違い・思い違い・妄想含
となっています

くれぐれも ノークレーム でお願いします





「まさかのセンターステージ?!」
「ちょ、やっぱ相撲かプロレス?!」

なーんて期っ待しながら
いざ会場に着いてビツクリ!



なんですかこの花道の形は~



例えるなら、ウッドストックの足あと
ホーム、一塁、三塁、外野、
それぞれに伸びた花道の先端がでべそになってて
ホーム側にサブ
中央部がメインステージ
その上部に四方スクリーンが設置されてて
それがめちゃくちゃデカい!!!
座席もアリーナ・スタンド全方位開放で
たぶん京セラの収容最大数なんじゃないかなーと
(新聞報道されてましたね)
ちなみにワタシの席は
ホームと一塁の中間辺りに位置するアリーナでした

もうこれ見た時点で
ファンミ的なものではないなと
がっつりライヴ だなと
しかも相当動き回るなと



うわ~~~、
ここまで来たら腹くくらなきゃ~~~
なんて気持ちでモゾモゾしていたら、客電が消えました
(思ってたより押さなかった件)





【映像・3人のモノローグ】

ジュンス・ジェジュン・ユチョンが
歌について
ファンについて
これからの自分たちについて
ざっくり語ってる映像なんですが

一番最初にシアちゃんが
「僕にとって、歌とは~」
なんて語ってるのを見て
ぶわーーーーーってこみ上げちゃって
いきなり
そんなぶっちゃけた話しないで~~~TTTTT
今までもそういう話は
何回か聴いてきたけど
この状況で、こんな形で、しかもいきなりは
やめて~~~~~TTTTT
って、フガフガ状態TTTTT

ジェジュンが
「(ファンは)いっちばん、近くにいて――」
なんて語り出したからもう
何がなんだかわからなくなって
隣の友達と手を握り合って号泣(笑)
ユチョンが何をゆってるのかなんて
全然聞いてないけど号泣(笑)



って、
正確にいうと聞いてないんじゃなくて
聞こえなかったんですけどね



あの~~~、
なんで皆さん失笑してたんですか?
なんでドヨドヨしてたんですか?
たしかに、この映像の編集は
ちょいちょいブツ切れてて
タイミング悪かったと思いますよ
んでも、
3人が一所懸命に自分の気持ちを話してるってのに
どうしてガヤガヤするんですか???

ただでさえ
ユチョソなんて何ゆってるかわかんないのに
ちゃんと聞きとれなかったですYO!
つーか、そんなことにいちいち反応してるなんて
皆さん小学生ですか?
何しにここに来たんですか??

・・・って
その時はそんな怒る余裕もなくて
フガフガしてたんですけどね
今こうして思い返すと
なんかモニョるな
日曜日はどうだったんでしょ?





【いつだって君に】

思いっきり J-POPなメロディ で3人登場
真っ白いスーツ、
年末の紅白を思わせたりして
んでも今日は3人だけなんだよね・・・



ジュンジュンコンビは
笑っちゃうくらい
最近の露出のまんまでした
ジェジュンなんか ソンスヘア のまんまだし
もっとゆっちゃうと
去年のツアーのまんま(笑)
アレンジしようって気はないのか?

そんな中で度肝を抜いてくださったのが
ユチョン様
右サイドをがっつり編み込みんだポニーテール



生え際&オデコを完全HERO



うわ~~~、ステキ~~~(はぁと)
ってなっちゃいました

だってだって
こんな狙ったヘアスタイルにして
嫌味がないのってユチョン様くらいじゃね?!
ワタシ、ロン毛の男性が凝った髪型にするのスキなんで
(ex:5黒コンのチャンミン)
特にユチョン様は
ツアーでは毎回思いもよらないヘアスタイルで登場してくれるから
ツアー中は軽くユチョソ堕ちしています



でもってこの歌詞がもぅ
「君のそばに」って狙いすぎTTTTT
英語詞ナシ全部日本語
しかもその日本語がカンペキで
この曲は
歌詞を100%聞かせる曲 なんだなと思いました



ジェジュンは最初っから泣いていました



まぶたも涙袋も真っ赤にして
白目がうるうるこぼれそうで
それでも
去年の名古屋とは違って
歌はしっかりしてました
しっかり歌おうって覚悟がありました
自分の感情をセーブできなくて
あふれてしまっても
それでもお客さんに歌を伝えられるアーティストになったんだなと
歌手・ジェジュンの成長ぶりを感じました

ユチョンもシアちゃんも泣いていたけど
それでもちゃんと歌は歌っていた
「歌うためにステージに戻ってきた」という
3人の決意と覚悟が伝わるパフォーマンスでした
曲自体は、ポピュラリティのある
聴き易いポップスだったけど



歌い終わってジェジュンの第一声
「こんなライヴなんかやって、お客さんが来てくれるが不安だったけど」



その言葉はズシーンと響きました



タマテツのキスシーンに「ナァッ!」って悲鳴上げてる時も
早朝から深夜までドクタになりきってる時も
アンアン撮影でエ○顔してる時も
タモさんに胸触られてる時も
激辛ラーメン食べに行ってる時も
愛ちゃんとかつ丼作ってる時も
ガガ様のパーティに行ってる時も
ヤマピやシロタユーと遊んでる時も
ドラゴンと腕立て対決してる時も
GWにボサノバに行った時も
スケボーしながら電話してる時も



ずっとずっと、不安だったんだね



私たちが
ジェジュンの活躍っぷりに
いちいちキャアキャアしている間も
ジェジュンはずっと不安だったんだね



なんかごめん
気づかなかった、ゴメン

今日はたくさん応援するから
ジェジューン!って声張り上げるから
一緒に笑って歌ってあげるから



そんな気持ちになってしまいました





【シェルタ】

2曲目にまさかのナンバー

こんなめっちゃ宅録ソング
生でやれるんか?って思ったけど
よくよく考えたら
フツーに
ジェジュンとユチョンのツイン・ヴォーカル曲なんですよね



てか、これ生の方が断然イイ



生の方が
ユチョンラップの高揚っぷりや
2人のかけ合いで
ぐいぐいアゲてくカンジが
リアルに迫って来る

つか、あの冒頭のキラメキJ-POPからこの曲を持ってくる
2人のアゲっぷりがすごい



たった2曲目で、
しかも1曲目は超しんみり曲だったのに
彼らのパフォーマンス力に驚きました
アー的にも
ライヴ2曲目でこんだけ身体開いて声出すのって
むつかしいと思うんです
しかも毎週ライヴやってるとかってひとならともかく
人前でここまでガッツリ歌うのは
ほぼ一年ぶりな2人じゃないですか
そんな2人が
こんな高いとこまでテンションを上げていけるなんて――!

この曲、
ダンスパフォーマンス以上に消耗すると思う
体力もだけど、感情を
それをここまでやってのけるって

ユチョン、地下アイドルとかゆっててゴメン
←ヒドッ
でべそでラップするユチョソは
超ド級なメジャー・パフォーマーだったです!!!





【君がいれば】

シア様がサブステにて熱唱ナンバー

歌い出しは
思いっきりスタンド側を向いてるから
ワタシからは背中シアTTT
悔しいのでケツばっか見てたわ!
シア様、膝使って歌うから
そのたびにプリツケが可愛いかったわ!

って、やっぱワタシこの曲(´・ω・`)





【ユスMCにJJ乱入】

シア様が歌い終わって、
唐突にサブステ花道にユチョソ登場
シアちゃんが歩み寄って
見事な ユス状態(はぁと)
でもって
ユチョソドラマについて宣伝トーク(笑)
するとシアちゃんが



「噂ですなんですけど、ユチョンがキスシーンでないところでも
キスしようとしたって聞いたんですけど~」




なーんつて、ぶっちゃけるもんだから
ユチョソ「してないってー、ニヤニヤ」
って、向かい合って手を取り合って ユスユス炸裂
←か、、、カワイイTTT
ひさしぶりに生ユス目の当たりにしたTTT
やっぱいいわ~~~、癒しだ~~~



「あー、俺も聞いた聞いた」



って
どこからともなく声が聞こえて(笑)
ユチョソ「あれっ?なんかイヤモニから声が聞こえるんだけど」
会場もそわそわ見回してたら
一番遠くの花道ステージからジェジュンがヤアヤア登場

で、ここでたしか3人メインステージへ



そしてチョンジェのドラマトーク



「じゃー、ユチョンのドラマ、ドゾー!」
って
巨大モニターには
例のビーテレの予告映像が~
ユチョソデレデレ~~~
そりゃそーだ
だっていま目の前にいる本人とは
いろいろな意味で まるで別人だし(笑)

ユチョソ「ジェジュンだってー」
って、スナナレのジェジュンダイジェスト版が~
雨の中しゃがんで「ハル!」とか
先週の「ハルヲカエシタクナイ」とか
何もわざわざここで見せられなくても・・・
そういや
この二つは客入れの時にさんざん流れてましたね



この後のジェジュンの表情が
照れてるってゆうか
苦笑いってゆうか
下向いて
ハの字眉毛で
ホントに困ってるみたいに見えました(笑)



シア「素直ニナレナクテ!、見てます!」
←正式タイトルちゃんとゆってエライわ
てことで
シアちゃんが気に入ってるらしい
「ナカジはハルのことが好きですか?」の台詞を
シアちゃん相手にジェジュンが再現
←何が気に入ってたのかは後半のMCで判明(笑)

ジェジュンデレデレ~~~
「ドクタは日本語が上手じゃないから・・・」
みたいなことをゆってて
あのたどたどしいのはやっぱり演出なんだなって
思いました

で、やっとこさ云ったのが



「ナカジは・・・ジュンスのこと好きデスカ?グフッ」



あっちゃ~~~、完全にスベりました



するとチョンジェが
「ズンスだって・・・モーチャルト!」
って流れになって
シアちゃんが



「(映像が)出ますか?、では、モーチャルト、ドゾー!」



「・・・って、用意してないんですけどね~」

ダンデー!スタフさーん!!って3人爆笑
そんなオチってヲヲヲヲヲ



2人のだけしかないーTTT
って、シアちゃんがボヤいたら
「でもジュンスはソロが・・・」
とゆうことで
シアソロ曲トーク

ジェジュン「ジュンスのソロは、本っ当、カリスマがあるなって思いました」
「カッコイイよ!」

ってベタボメ(笑)
シア「恐縮です ニヤリ」



しかもこの時、
ジェジュンってば
「ずるいよ、一人だけやりたいことやって!」
ってゆったんです



ワタシそれ聞いて
あああって思ったんです
さっきの苦笑いといい、
この発言といい、
やっぱりジェジュンは演技よりも歌がやりたいんだな、って
ジェジュンって
良くも悪くも正直だから
嘘つけないから
本当に思ってることだから
ついついポロッと出ちゃったんだと思うんです
そうだよー、もうドラマなんてやらなくていいよー
ジェジュンのこと
歌の世界に帰してくれよー
人気とりに使わないでくれよー
どうせトンペンの持ってる数字なんて二桁やっとだよー(笑)



で、もうひとつ
ドラマの主題歌になってるジュンスの曲の話になって
なんでもシア様は
5年後のラブレタの予告編を見て泣いてしまったそうで~



ジェジュン「ジュンスが映画とかドラマを見て泣くってのは珍しくて」
ユチョン「韓国にいたらジェジュンから電話があって(耳元で受話器のしぐさ)、
あー、ユチョン?ジュンスがねーって プププ」




シア様デレデレ~~~
(つーか、このコたちのMCって暴露ネタばっかね)
そんな流れで、この曲





【悲しみのゆくえ】

CDで聴いてたよりも
声も感情も押さえた、静かなるバラード
だけどその分
ジンジンと深く身体にしみ込んでくる感じでした

演奏はほぼキーボードだけ
ラストはアカペラ
もぅもぅ、カリスマシア様の心意気で
聴いてるこちらのハートがつぶされてしまいそう
それくらい真剣勝負
残念だったのは
キーボードの方、音まつがえてませんでした?
それともああいう音なの??
しかも、あなたのバンマス柿やんじゃないし!ショーックTTT



この時、シアちゃん泣いてた?



顔が溶けちゃうんじゃないかってくらい
びっしょり汗かいてたけど
目の下からスーッと流れるスジが見えたんです
汗か涙かわかんないけど

でも、この流れ落ちる汗すべて
彼の涙なんじゃないかと思いました
シアちゃんの心の涙
それくらい、かなしい曲です





【ジェジュンMC&ソロ】

ここでジェジュンがピンで登場

すそがちょいとデザインされた白シャツ
白タンクが透けて ヲヲヲ
ジーンズではない?ブルーのパンツ
超さわやか~な衣装
メロディとハーモニーでもやってくれるかしら?
と思ったら



「皆さん、何度も聞きますが、、、元気ですか~?元気~~?」



三塁側の花道の方へ移動しながら
メインステージに戻りながら
何回も聞いてくる



その様子が微笑ましくって(´∀`)



バルコニー席の方を見上げて
元気ぃ?元気ぃ??って
ひさしぶりすぎて何を話していいのかわかんないけど
でも嬉しいから話しかけちゃう~
って様子で
ウキウキしてる

「皆さんが、韓国語の曲も聴きたいってゆうから」
とゆうことで
韓国語曲をHERO



『君のために』
調べたんですが、原曲はイム・ジェボム
韓国のウチダユーヤさんみたいなあの方の曲ですね!
前にユノが好きってゆってたし
一昨年のエスエムタウンで
リナとデュエットした『愛より深い傷』も
この方の曲だそうで
こういうロックが好きなんだよね~、うん好きそぅ~
ワタシも好きさ~~~

メロディアスで
ドラマチックで
とうとうとして
だけど、芯の強い情熱がたっぷり感じられて

まだ自分の方に持ってこれてないかな?的な遠慮も
ワタシには感じられましたが
東京ドームでどう聴けるか、楽しみ





【TOKYO LOVELIGHT】

ジェジュンのさわやか青年風衣装のせいで
次はメロディとハーモニーだと思っていたら
気持ち良く裏切られました!

何が裏切られたって、ユチョソの衣装(笑)
ブラック地に白い太パイピングされた半袖パーカ
何ソレー!!!
遠目で見たらハンテンかと思ったー
でもって、お腰に下げた顔タオル(笑)(笑)
あからさまにカッコイクないのに
ユチョソがやるとサマになってるこの不思議



あんなにどっぷりハウスだったこの曲を
ここまでポップにアレンジしてしまうとはーーーっ!
さすがポップス職人・ユチョソ!

キャッチーなサビのリフレインを活かして
会場を盛り上げます
このお尻の軽さ、
スタイリッシュさ、
バブリーさ、
ジュンジュンコンビには絶対マネできません



しかもここで
まさかのタオル回し~~~~~っ



京セラは敷地場所の事情で
ジャンピングはできないとのことで
さほどあおりはなかったのですが
これドームではじゃんじゃんアゲてくんだろうな~
(てことで、ワタシも顔タオル購入しました)



しかも一塁・三塁側のでべそは
クレーンになっていた!!!


向こーうの方で白いキリンみたいのが
ぐいんぐいんしてて驚きましたから
んでもあれなら
スタンドの上の方でも近くまで来てくれるよね
埋もれアリーナにも
つか、皆さんユチョソが 高所恐怖症 だってこと
忘れてるね!



しかも途中で
ジュンジュンコンビ が乱入~!

ジェジュンは蛍光ピンクのTシャツ
似合う!しかも歌ってたよね(笑)?
つーか、シアちゃんの蛍光キミドリ・・・
タオル回してる姿といい
古いビートのノリ方といい
なんか
娘の発表会に急きょ出演させられたお父さんみたいに
ムリムリすぎて
(ごめんたいこ)





【ビーンソーロング】

このアップなムードの中でこの名曲ですYO!
シャッチョがツイってたらしいから
やってくれるって知ってたけど

まさか LISA が来るとは!!!!!

ワタシ、エムフロ大好きなんで
リサもバーバルもタクも勝手にマブダチだと思ってるんで
もぅもぅ
このコラボ見られただけで大阪来てヨッカッター(´∀`) ノシ
次の日はバーバルだったと知り
凹んだのはナイショですが

これだよぅ、コレ!
こういうのが見たかったんですYO~~~!!!

ブリッジの
ジェジュン&リサの ヴォーカル・バトル
もぅどっちがどっちの高音かわっかんないくらい
2人の声がサウンドに融け込んで・・・!
よくもまぁ
ジェジュンってばリサ姉の高音が出せるなぁと思うけど

あああ~~~
サブステで2人が歌い合ってる姿は
ワタシのまさにリアル・ドリームでした

尊敬&LOVESなひとたちが
目の前で
一緒に音楽をつくってる瞬間に立ち会えるなんて
こんなことあるんだなぁって
キラキラしながらイェイェしてました(笑)

リサ、ハケる場所まつがえて
ちょいとウロついてたのも可愛かった
お疲れっしたー!!!

そうそう、
リサのブログ読んだんですが。。。
もしやユチョソ堕ち?
なんかわかるかも(笑)





【ダンサタイム&3人ポップアップ】

残念だったのが
サニさんとユーキさんがいなかったこと
東京では参加する?!



ひとしきり盛り上がって
さ~~~、どこから登場するかしら~~~って
辺りをキョロキョロしていたら



まさかのメインdeポップアップ!!!



ババーーーーーーン!!!!!



キメ顔シャキーーーン!!!!!



だけど衣装は フツーの白シャツ&黒パンツ(ややダボめ)



ちょ!
どこのロハスなカフェのイケメン店員YO!
って思ってたら
「いや~~~」っておもむろにトーク開始(爆)



なんでもこの登場シーンは
ジェジュンが考案したそうで
レーザービーム照明など
とっっってもオカネがかかってるそうです
今回の公演の中で一番オカネがかかってるそうです
最近、黒字と赤字をおぼえた
ジュンス様が解説してくださいました



するとマイクスタンドを持ったスタフが登場
おもむろにセットチェンジ

しかも3人の衣装チェンジまで
もそもそと
黒いトレンチ・コートを着させられる3人
ジェジュン「こうゆうのって、なっかなか見られないんじゃないですかー」
って
そうね~、どうせだったら
着るよりも脱ぐのを 見せてほしかったわ~~~



で、
「ここでJ-POPの曲を」とゆって始まったのが――





【レイニブル】

イントロが流れた瞬間
会場がキャーンって一瞬ときめきましたね(笑)



やーーーーー
どーよ???

なぜこの曲???



チャンミンのパートは
ジェジュンが歌ってたけど
むー、あのキラー・ヴォイスは超えられず

相変わらずユチョソは「一人墓地」って歌ってたように聞こえた(笑)





【君がいるだけで】

これは
ヌナペン世代へのサービス ですか?
(ワタシ含)
んでも、間違いなく盛り上がるよねぇ~
エイネでゆったらサムセンセのboy meets girl的な



トンの曲は歌わない(歌えない)し、
そうかとゆって
3人のソロ曲やユニット曲だけで
盛り上げるのはむつかしいし
ここに来てるひと皆が盛り上がれる曲って考えたら
考えちゃいますよね
そういう意味で
これはなかなかgoodなチョイスだったと思いました



この時、ジェジュンが
一塁側でべそのリフトに乗ってくれて~~~
きゃあああ~~~、楽しそ~~~
笑ってる~~~
手ぇ振ってる~~~
なんて、ガン見鏡でせっせと追っていたら・・・



ハッ!!!目が合った!!!



ぎゃはははははh!
こういうことって
よくありますよね~~~(´∀`)
ビツクリして膝がカックンってなりました(はぁと)



曲的にはシアちゃんタイプではなかったかなぁ
ジェジュンは楽しそうだったけど

しかもこれ
北川ドラマの主題歌じゃんか
←こんなとこまでTTT
東京ではカールスモーキーの御大がゲストで来ると予想
←外れたら何かおごります





【ホイットニーの曲】

これって、有名な曲だし
原曲もすごいパワフルな曲だし
いろんな人が歌ってるし
って、いろいろ思いながら聴いていたんですが



構成的には
いわゆるラブインジャイスやボレロのスタイルが
継承されたような仕上がり
こうなってくると
ダブルキムは 強固・堅牢・圧巻 の三拍子!
ですが、
その間を縫うようにして聴こえてくるユチョンの声が
またエモーショナルでグイグイくる

音の悪いドーム会場
物理的に不利な状況で
ここまできちんと“歌魂”を聴かせるアーティストは
いないと思います



最近、良い音楽ってえらい単純なもののようにも思えて

その声を聴いて
ドカーーーンとなったとか
そのフレーズが耳から離れないとか
そのリズムが気持ち良いとか
その歌う姿にくぎ付けとか
その空気が忘れられないとか

そういうインパクトが
本当は真実なんじゃないかなとか思ってて

そういうインパクトの中から
どれだけ繊細で濃密で普遍的であたたかいものを無数に引き出せるかが
重要なんじゃないかと思って



そういうプリミティヴなものを
3人の声から感じました



これもきっと
東京では仕上がりが変わってくるんでしょうね





【メイキング映像】

思ったよりたっぷり見せてくれて(はぁと)
後半のネタバレも少々

シアちゃんとジェジュンのエ○顔は
ヤバかったですねー
セクシ大魔王・ユチョンの今後が気になり

って、いつからこんなにリハやってたんだろ~?
ユチョンはほとんど韓国にいたし
シアちゃんはソロプロモだし
ジェジュンなんか
ドラマだけじゃなく
タンクトップのアシもやってたのに(笑)





【マイガールフレンド】

「ボク、最近彼女いないっすおねー」
って
何さらのボヤきなんだー?とか思ってたら
やってくれたな、雰囲気ハンサム

このシンデレラ演出、
BBのテソンさんでさんざん楽しませてもらってますが
ユチョソがやると思わなんだ!

アンタみたいなのがやると



シ ャ レ に な ら な い ん だ Y O !



とまあ、こんなファンの心の叫びなど
フフン♪って鼻歌で流されそうTTT
ユチョソがノリノリでやってたから、まいっか
昨日は誕生日だったし
さすがのユチョソでも
15歳のお嬢さんと出会うチャンスなんて
ないだろうしね

おかげさまで
歌はちーっとも聴いてなかったですが何かTTT
これジェジュンがやったら
上海万博程度じゃ済まない 暴動 が起きますぜ
国家の信用問題にまで発展するだろうから
ここで治めといた方がいいと思う





【メイズ】

そんなこんなで
ガヤガヤモニョモニョしてる会場に流れてきたのは



ちゃーーーーー、らーーーーー、らーーーーー、



キターーー(笑)



悪ガキチェッカーズ なソンスが
ヘイ!ヘイ!しながら
外野側花道から走ってきましたYO!



すみません
ワタシこの曲 トラウマTTTTT
プレミアムライヴ@横浜ブリッツの
どっちらけーーーな空気が
忘れられなくてTTTTT



「声ちょーだーーーい!」「ヨシッ!」



やられたらど~~~しよ~~~TTTTT



なんてヤキモキしてたら
ロッカー・ソンスってば
歌詞スットバシまくり じゃないですか!
1/3はちゃんと歌ってなかったYO!

サブステでヘイ!ヘイ!してたかと思ったら
いつの間にか
メインで通気口からの風に吹かれてるし
ジェジュンが楽しそうだからいいけどね
(生温かい目)
そういやこの曲が配信された時
先に聴いた友達が
「ハダカに革ジャン着て下から風に吹かれてるような曲」
ってメールしてくれたの思い出した





――と、ここでタイムアウト

寸足らずな赤ジャケシアちゃんに後ろ髪引かれながら
京セラドームを後にしましたTTTTT

会場外には
音もれを聴きにきてる方がチラホラいました





で、全体的な感想ですが

ワタシは後半の内容を知らないので
適当なことしかゆえないのですが



最初は本当にやってしまうんだろうか?
って気持ちでいっぱいでした
会場に入ってもなんだか逃げ出したくなって――



グダグダな内容だったらどうしよう?

逆にめっちゃ完成度高かったらどうしよう?



良くも悪くも
やっぱユノとチャンミンがいないからねーって
言い訳がついてくるようなステージだったらどうしよう

お世話になった事務所を飛び出して
飛び出した先もナンダカナーなところで
大切な友達2人と別れて
大切な東方神起の歌も手放して

それでもやり遂げたいことは何だったのか

それを私たちファンに示してくれるのが
今回の感謝祭だったのですが



中途半端に見せられたらハァ?って思うだろうし

カンペキに見せられてもハァ?って思うだろう



そのどっちでも、ワタシにとってはつらいものだったんです



で、実際に3人が歌い始めたら
なんかそんなことはどうでもよくなっちゃって



3人の声が、ものすごい近くに聴こえて



耳じゃなく
身体の隅々から震え立つように聴こえてきて



ああ、このひとたちは本当に
歌うことが好きなんだな
歌うことに喜びを感じるんだな
歌うことがなければしぼんでしまうんだな
歌うことで心が明るくまっすぐになるんだな
って思ったんです

それと同時に
ああ、ワタシは本当に
このひとたちの歌が好きなんだな
このひとたちの歌に喜びを感じるんだな
このひとたちの歌がなければしぼんでしまうんだな
このひとたちの歌で心が明るくまっすぐになるんだな
って思ったんです



それでもう充分じゃないか
それ以外、何があるってゆうんだ



って、思ったんです





彼らは歌を愛しているし
ワタシはそんな彼らの歌を愛してる

そんなシンプルなことに
どうしてこんなに躊躇していたんだろう



って、思ったんです











ソロやユニットでは感じなくても
3人でハモると
やっぱりもの足りないんですよね
なんだかんだゆっても
ワタシの耳は
5人仕様に出来上がっちゃってるんで

3人のハーモニーは
ウレタンマットの上を歩いているみたい

そこそこ足場もあって
歩けないことはないんだけど
どこか前に進みにくくて
おっかなびっくりで
なんか腰が悪くなりそうで(笑)
やっぱ土台がしっかりしてないとなぁ
絞まるとこ絞まってくれないとなぁ



でも、ワタシはそれでいいと思ってます



3人はうまくハモれないくらいでちょうどいい



3人が声を合わせる時
どこかもの足りなくて
なんか調子乗らなくて
そんな時には絶対2人のことを思い出すでしょ?
ああ、2人がいればなぁって
2人のことを思いながら歌うでしょ?



3人では不完全なハーモニー
2人を思って歌うハーモニーもまた、東方神起のハーモニーなんです



こんなヘリクツ
3人のしでかしたことに怒りを覚える方や
2人のことを想う方や
5人のハーモニーを求める方には
何の意味もないと思うけど

それでも今は、そう思ってあげたいんです
そう思って
3人の声を聴いてあげたいんです





今週末の東京ドームで
その考え方も変わるかもしれないけど
それはその時で
たぶんワタシは不安になったり凹んだりはしないと思います

彼らは歌を愛しているし
ワタシはそんな彼らの歌を愛してる

それだけは絶対だってことがわかったので





だからワタシは、気持ち良く東京ドームに行きます!!!
短足チーム、待ってろYO!!!





そうそう!
ワタシ、途中で帰っちゃったから
公演日別メモリアルグッズ ってのもらってないんですけど・・・



まさか コレ じゃないですよね???





10060703
入場口でもらったステッカー的な





「ゆゆゆさん・・・、ソレ、ソレが、、、」って、真実を教えてくださる方はクリック↓↓↓
すみません、今回もコメ欄閉じますTTT
テーマ:★☆★東方神起☆★☆ - ジャンル:音楽



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ねさるめ サウンドトレック YU*1, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。