admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と・・・

とんばんは、ゆゆゆです(´Д`)ヲヲヲ



最近、丁稚奉公をしておりまして
慣れないマッキントッシュと格闘しております
も~~~、おぼえること多すぎてタヒTTTTT



そんなアグレッシヴな毎日なので
いまのワタシは3人の ツイについてゆく のに精一杯TTT
←ココ笑うとこ

ツイで【本日のジェジュン語録】をまとめるのが一日の喜びだったワタシに
NYショーケースに参加したお友達の「クリス」さんから
レポをちょうだいいたしました~~~(´∀`)



ちなみに「クリス」さん、NY在中いや在住のトンペンさんで
これが初めての生ネ申起!!!!!



初めてのジェジュンがin NYって、すごいわぁぁぁ~~~(笑)



とゆうことで、
初めてのJJと初めての米国公演
W初めての5分とカンドウを
しかとお楽しみくださいまし~~~(´∀`)ノシ




さて、動画も写真も山のように上がっているので、
今更レポートといっても
ご存知のことばかりだと思いますが、
劇場内外のことを少しお知らせできればと思います。









先ず、私の娘は朝の8時半には
劇場の前に友達のお姉さま方と到着。
既に28人くらいいたそうな。
主催者側も朝6時前には並んでは駄目よ!と通達してました。
私たちは(友達3人)11時過ぎに到着。
区画整理のように最初の一区画、二区画目と
日本では見たことがないけれど、鉄製の仕切りのようなもので区切ってます。


私はその三区画目の前方の方で待ち始めました。
天気は快晴。気温もそんなに寒くもなく、
後でその後延々8時間待ち続けることになる身とすれば、
風が全然強くなかったのが幸いでした。


何をしていたか?

その間、ひたすら待つ。待つ。
ただただ待ってたんですぜ!

敷物を敷き座り、誰のファンだ、あの公演は見た、等ら話はつきませんね。ハイ。
私の回りの方の民族模様は
日本人(我々3人となんとインディアナ州からいらした奥様3人)、
チベットからお越しの4名様(もちろん、NYへ留学中)、
韓国人、中国人、メキシコ人、タイ人、
そしてフィラデルフィアから来ている白人。
そんな感じでした。あくまでも、私のまわりです。



そして、何しろ驚いたのが、男性が結構いらしていたこと。

動画にあがっているかわかりませんが、
2階席のバルコニーには西部からいらしたような
踊ってのりのりのお兄ちゃん、
そして、携帯にJYJを一文字づつ掲示する凄技を見せた韓国兄ちゃん2人組み、
何しろいっぱいいましたよぉ。
ジェジュン、言葉が日本語のように言いたいことを言えたなら、
絶対喜んで(声、ちょぉ~~だぁ~~い!)っていったと思う。うん。


そしてですね、
いよいよ4時半くらいになりますと、
主催者側のチケットを持ってるものは道路側、
持ってないものは壁側に並んでくださいと歩いて廻る。
すると、今までののんびりびりびりの雰囲気が一転、
ざわざわ急にテンションが上がってくるのです。
そして、警察官も座っている私たちを急に駄目だぜ、立ちなさいと言って廻るのです。


この周りの急なテンションの変化、
これは棲ざましかったです。
なんだか、殺気立ってくるのです。
そして、今まで自分の周りにはスペースがあったのに、
後ろからどんどん密着されて来るのです。
後ろから、横からどんどんどんどん、くっついてくる。
寒いはずのNYなのに、汗が出てくる。


これ、全然大げさに言ってないです。
私などスモールピープル(155cmくらい)は
死にそうな金魚の如く、天を仰いでパクパクしておりました。
そして、何より驚くのが
この状態でさらに7時半近くまで立っていたということです!!
ここで、よく倒れる人が出なかったと、後々皆で話しておりました。
私も後、30分、いや10分遅くば、
確実に傍に待機している救急車のお世話になったことでしょう。
いや、まじま~~~~じで。



そして、やっとこの区画の先頭で、
係りのごっついお姉さま2人がチケットを持っているものより、
そのチケットをチェックし始めます。
すると、又群集心理というか、恐ろしいのですね。ぐいぐい来るわけです。
そのお姉さま方、おいおいおい、てめぇ~~ら!なにしとんじゃ!と一喝です。
とてもかわいい方々でした。
そこを、無事通過すると2区画目に行くわけですね。
そして、順番に会場へ入っていくわけです。


私は日本人を誇りに思います。
なぜなら、もし日本でこういうフリーのコンサでもあれば、
もっとスムーズに合理的に物事は進むだろうと思うからです。
延々朝の6時から待たせてですよ。最後の2時間はぎゅうぎゅう寿司詰め状態で待たせる。
最後の最後でチケット持ってる人とない人を分ける。
こんなもん、最初にやっちゃえよ!って話しですよ。


整理券配っておけば、
みんなランチも食べられるし、その時間色々使えますよね。
日本人は本当にその辺、しっかりと組織されていると思います。


さて、いよいよ、会場に入るや目に付くのは中央の人だかり。
ふと、サイドに目をやると、まだ前方にスペースが。抜け目なく、スルスルとそちらへ。
行ってみてびつくり!まさかの前列から5列目でした!

この時点で、私のアドレナリンでまくりです。
みんなが入場している間、ビギニングの曲が流れておりました。
みんな、それを聞き一緒に歌っていました。


そして、いよいよ、MCの2人が出てきて開幕です。
暗転。すると、どうでしょう!
今までの空気が一転。一瞬にして修羅場と化したのです。

えっ!と思いました。後ろからの圧迫凄し!!
気持ちは同じです。そ、そ、そこにジェジュンがいるのです。
飛び越えていきたいです。

でもさ、ぐるじぃ~~よぉ~~~!!


もぉ、最初からジェジュンはなんていうのだろう?
オーラというんだよね。やっぱり。
違う。全然違う。肌が白く、きれいと皆がいう。
本当にそのとおりだった。


この世のものとは、存在する実在するのかわからないくらいと皆いう。


本当にそのとおりだった。
圧倒的な存在感なのに、夢の中の妖精のような非現実的な雰囲気をも併せ持っている。





10111701
彼自身から発光しているかのようだ。
光輝いておりました。


これね。ツイでも言ったけど、
時差ぼけによる寝不足から来るのでしょう、目の下にくまがあった。
そして、顔色も決してよくないと思う。痩せてたしね。
そんな、ハンディがあったのに、もろともせずの
美しさです。健康状態万全の時は、どれほどの美しさなのか
考えたら恐ろしいほどですね。


もう、完全にノックアウトです。参りました。


ジュンス。彼も風邪でしょうね。
声がガラガラ、トークの時も喉に痰がたまるのか?
喉をこう、ぐぐっと飲み下すようにしたり、咳したりしてました。
これは、ジェジュンもユチョンもしてました。


でも、喉の血管浮き立たせて熱唱してくれました。
一箇所くらい、普段の音程より低く歌ったのはあったものの、
アドリブも入れて、流石のジュンス!でした。
彼の歌声には厚みがあるな、と素人の私は思いました。
あと、踊りもうまいよな。
私はジュンスの踊りのセンスが好きです。


ユチョン。彼には驚かされた。実物の方が本当にかっこいい。
何しろ、あの髪型にして、そして痩せたから顔が小さい。
なので、すらっとしていて、雰囲気のある人だなと思う。
英語圏ということもあるかもしれないけれど、彼は自信に満ちていたよ。
体調は万全ではなかっただろうけれど、
その自信が歌や踊りに反映されていたと思う。
今回、ビギニングを聞いても一番化けたのは彼だと思う件。





10111702
ダンサーさん、韓国の方ではなく現地の方でしたね。
やはり、こういう音楽には彼等のダンスはぴったりだと思いました。
凄かったよ。彼等のソロの所も流石と思った。
そして、それと同時に、
その中にあり彼等がちっとも見劣りしなかったのが本当に嬉しかった。
彼等の天性のリズム感というのは真似できないけれど、それとは違う
センスが3人にはある。3人それぞれだけれども。


ただ、体格はやはり全然違った。
骨格の違いも大きいと思うけれど
胸板の厚さも、ジェジュンはアジアンの中では秀でているのに
それでも、痩せてると思ってしまうほど。

でも、デモね。それをそれほど感じさせないくらいの何かを3人は
確実に持っているよ。

それは、天性のものと、努力により身につけてきたものだと確信できる。
だって、踊りなんて、ジェジュンとユチョン。凄いよ。
ジュンスはもともとうまい。


気迫もあるし、踊りなれているというか、
練習を積み重ねて出てくる余裕のようなもの、
体が覚えてますみたいな、スムーズさ。
彼等のこういう進歩(何様かお前は!だね。ミヤネヨ)が
本当に嬉しい。誇らしい!!


さて、あと何を。。
あーそうです。トークですね。

動画がたくさんあがっているので、特別加えることもないですが、
ユチョンのタトゥーにはびっくりしました。
司会のお姉さんが
タトゥーに話を持っていき、
さらにそれを見せろと、会場の皆も見たいだろう?とあおる。
グッドジョブ!でした。
又、NYなのでアメリカなのでタトゥーに偏見がないのも大きな理由ですが、
ユチョン、タトゥーよく見せてくれました。
腰のは恥ずかしそうにしてましたが、
胸のはがっつり見せてました。
だって、そういう衣装でしたもんね。


そして、ユチョンリップサービスかもしれませんが、
早いうちに又タトゥーをいれたいと、今夜かも、なんて言っておりました。
後ろの方からはいけいけ!の声が。隣からは、やめてぐでぇ~~!の声がありました。



あと、ユチョンのドラマから台詞を披露。
そしたら、恥ずかしがってジェジュンの方へ歩み寄り、ハグ。
これが、サジンで見ていた、キスシーンか?と思った成り行きだったんですね。
かわいかったです。


後は、やはりツイを読んでいるか?でしょうか?
会場の私の隣の子はないないと言ってましたが
(若いのに冷静に分析。読んでないよね、と言ってました。中国の方でした)、
半分は読んでいるとのお答えでした。


ここもジェジュンのしゃべりは本当に優しいですね。


そして、後は怒涛のエンディングまであっ!というまでした。
それにしても、本当に死ぬかと思いましたよ!!
あの、群集の心理と力は半端ないです。


MCの方がトークの途中も客席を見て、
つまり、揺れるのですよ。左右に。
押して、押されてでそうなる。
それを見て一言。
今、客席では地震があったんですか?って。
ほんと、そんな感じ。津波でした。


そして、皆、手で人を押しのけようとするのですね。
そして、少しでも前へ進もうと必死。
そして、カメラを構えて撮影するのに、私の肩を脚立がわりに使うのです。
はぁ~~?!とイラッときましたよ。


チビなので前の子達がいっせいにカメラを構えて、
上に手を上げると見えない、見えない。
その隙間から精一杯背伸びをして、ジェジュンを見ようと必死でした!!
何処から見ても、パーフェクトジェジュンでしたよぉおおお~~~!@!!

でも、本当は心の中でカメラ下ろせや!と毒づいておりました。
だって、もったいないですよね。カメラなんか通したら!
でも、こんな子達がいるから、いけない人も行った気になれるし、いい宣伝にもなるんですよね。


終わった時は、疲労困憊&肉体が悲鳴を上げておりました。


でも、皆笑顔で会場を後にし、
世界各国の人達(こちらに住んでいるだろうけれど、人種的に)に応援してもらえて、
本当に良かった。
いっぱい、彼等に大丈夫だよ、こんなにいるんだよ、というのが
伝わったら嬉しいなと思う。・





c559350c49b000de0b7b823a.jpg
こういうことが彼等の自信になり、次への活力になればいいなぁ~と思いました。


さて、最後に会場を出るときに、
テーブルがありそこに彼等へのギフトを
おいていっていいというのがありましたので、私もファンレターを預けてきました。
そこに、私の大好きなブログ様方のアドレス(?)を加えさせていただきました。
勝手に。。。


見てくれるといいんだけどな。


外に出ると、大勢の方々が口々に興奮を語り合っておりました。
もちろん私も一緒に行った方と、又娘達と大いに語りましたよ。
コリアタウンに出て、焼肉食べて帰りました。

翌日、娘から聞いたところによると、
友達がフリーチケットをゲットしようと並んでいたらしいのですが、
結局入れず
会場の前で涙にくれていたそうです。
7000人と聞いて、そんなにいたんかな?と思った私でしたが、
やはり、入れない方がいたんだなと知り、ありがたいなと思いました。










参加された方のつぶやきや
弾丸ユースト中継や
ニュースサイトの写真などのおかげで得た
生のゴロッとした情報たちが
「クリス」さんのレポのおかげで
すーーーっとひとつにつながったような気がしました

NYやナイスベガスの3人の“顔”が
洋楽アーティストのそれなんですよね

人種のるつぼ
エンタメの本場のオーディエンスたちが
彼らをそうしてくれたのかなって思います



「アメリカの最後のショーヶース頑張ろう^^ 」って、つぶやいてたジェジュン



今回が「最後」にはならないと思うのは
ワタシだけではないはず~!

この地球上には
あなたたちが全力で頑張れる場所が
まだまだたくさんあるのだYO!!!





と、ゆうことで!!!





ここまでお読みくだすった皆様方





ワタシが何を云いたいか、おわかりで?(´ー`)





レポよこせとお願いしておきながら
UPするのが遅くなってしまった ワタシの不備 を挽回させてください!!!!!





「決死のNYレポありがとね~~~」のクリック をお願いします~~~↓↓↓
ワタシの顔も立つってもんですTTT
テーマ:★☆★東方神起☆★☆ - ジャンル:音楽




ありがとうございます。
わくわくしながら読ませていただきました。
8時間も待ったなんて。
整理券かあ。ホントですね。入れると思って並んで入れなくて泣く、とかも解消されるだろうに。

何度も言うんですが、本当に彼は発光体ですよ。
よく見て目に焼き付けたいのにあまりの発光ぶりにめがくらんで良く見えないんです。
白とか着られたら同化しちゃってわけわからない。
かわりに隣の多動じゅんちゃんが視界に入りまくり。。。。(失礼シアペン)
地球上の同じ生命体ではないんでしょうね、きっと。
すんごく優しいし。
歌声もあり得ないし(素晴らしさを表現したいが表現力なし。)

いっそオンニと呼べって?ふふ
【2010/11/17 00:02】 URL | jk #-[ 編集]
jkさんに。

お礼コメントありがとうございます~♪

ワタシも入れるか入れないのかわかんなくても並ぶ
NYっ子の気合いにひれ伏しましたヲヲヲ
トンペンの試練は世界共通です

スターってのは文字通り、光を放つものなのです
そうだ、
ジェジュンは人間じゃないんだった、
男でもなく、女でもなく、ジェジュンなのですた(笑)
星男ジェジュン、ここに在り!
(ちょい意味が違っちゃうけど・・・)

オンニって呼んでもいいですかね?
それ以前に
ワタシ、ジェジュンよりもずっと年上なのですが・・・←
【2010/11/18 12:23】 URL | ゆゆゆ@管理人 #I3ynuaOo[ 編集]
ヨジャアイテムに目覚めた
男でもなく女でもない発光生命体在中・・・
素敵すぎ・・・きらきら

でも顎とかがっちり@しってますよね~ん
【2010/11/19 00:30】 URL | jk #-[ 編集]
うわあー
なんだか
とんでもなく過酷な闘いだったのですね
レポ掲載、ありがとうございます。
ジェジュンはほんと、お人形のよう・・・
綺麗だなあ~
なあんて言ってたら
ホミン東方神起再始動のニュースでとまどいました。
五人を応援してる。
でも二人の東方神起は、どんなパフォーマンスをするのでしょう・・・
ただただ、見守り、応援する決意はできてはいますが、
なんかソワソワしてさまって。
・・で、今さら、ズームしかしらない東方神起を買いました(笑)
いろんな意見があるでしょうけど・・
三人のライブの時、三人の勇気に感謝したように、
今、二人の勇気にも感謝したいと思います。
ぶっちゃけ こじれまくってるのだろうから、長い目で見守るしかないですもんね。
【2010/11/24 21:45】 URL | ちょうちょ #o6QwB8dc[ 編集]
jkさんに。

ふんっとに、フシギですよね~
ムッキムキで
手とかデカくて
肩もアゴもオトコなのに・・・
内面が立派な女なんだろうなぁ、きっと。。。
【2010/11/25 22:55】 URL | ゆゆゆ@管理人 #I3ynuaOo[ 編集]
ちょうちょさんに。

2人の勇気、3人の勇気
どっちも私たちファンにとっては
かけがえのないものですよね・・・
ただ歌を唄いたいだけの若い男子が
どうしてここまでめんどうなことに巻き込まれなきゃならないのか
考えれば考えるほど、せつない
ただ、そのせつなさを耐えることもまた
彼らを見守ることなのかなぁ、なんて

ズーム(笑)!
そういやでっかいどうは放送なかったんですよね?
あれは楽しいバラエティだったなぁ~~~
よくよく見るとフシギな番組だったけど
日本であそこまでフューチャーしてくれた番組は
そうなかったと思うので、、、ありがたいっすね~(´∀`)ノシ
【2010/11/25 23:01】 URL | ゆゆゆ@管理人 #I3ynuaOo[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ねさるめ サウンドトレック YU*1, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。