admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしさしぶりです、ゆゆゆです!!!!!

今日はせっかくの月食だそうですが
ワタシの住んでいるところは
空が曇っていて、まっっったく見えません・・・
むー、ザンネン(´3`)

サイン会はどうだったのかなぁ~?





昨日はというと
アテネOSTに↑↑↑して
サイン会の様子に↑↑↑して
毎日経済ニュースの記事に凹んだ、そんな一日だったのですが



つか、記事多すぎ(((T^T)))



チェキラるのにえらい時間かかりました

ざっと見ただけでも10種類くらいあったんですけど
写真が違うのと
若干アプローチが違うのと
最初から日本語訳されてるのと
そうでないのと
とにかくバリエーションありすぎヲヲヲ

ワタシの印象では
一番内容が濃いのは本家サイトさんで
一番意訳っぽいのはイ○ライフさんでした
イ○さん以外は
作為的なホニャララを感じるサイトは
ありませんでした(笑)

ということで、
ワタシ個人の読解感想です――

※黒太字はニュース記事の原文(翻訳済)ママ引用となります
※引用先は割愛しました




まず最初に
ワタシはJJペンですが
芸能人たるもの
所属事務所を相手に裁判を起こすだなんて
言語道断だと思っています
誰のおかげで
ここまでやってこれたと思ってるんだー?!
人脈第一なギョーカイにおいて
それはありえないでしょ?!
って、今でも思っています
矛盾しててスミマセン
だから悩み苦しんでるんですけどね、ええ



あと、
彼らは現在、所属事務所の問題について裁判中でして
今回のインタビュー内容は
裁判用のパフォーマンス的意味合いがあるってことを
忘れちゃいけないと思います

ずいぶん強気だわ~(汗)って
思うところもいくつかありましたが
そういう意図があっての発言なんだと
あくまでも
裁判に勝つための発言だと念頭に置いて
読むべきだと思います





とはいえ
ワタシがショックだったのは
3人は最初から
エスエムエンタに戻る気はなかったということ

個人的には
契約内容が改善されれば
戻ってくれるのかなぁ~なんて甘いことを考えていたのですが

彼らがエスエムを辞めた理由は
奴隷契約に嫌気がさしたからではなかったのですね



10122101



キムジュンスは、
"契約の不当な内容は明らかによく知っていた。
しかし、私たちのためにバムセジュンスタッフたちは、
マネージャーたちとチョンのために我慢してきた。
そのたびに会社は、私たちは『家族』という点を強調した。
私たちもそのような合意は、
明らかにいたので耐えることができた"と述べ、
朴楡川は、
"大変な時、我々は、きっと家族だったが、
仕事がうまくいくときは、契約が優先だった"と付け加えた。
キム中には、
"人と人との問題と、人と組織の問題は異なっていた。
人と人であるときは、『家族』だったし
人と組織の問題がある場合は、'契約書'が優先だった。
それは人間的な裏切りだった"と説明した。




3人は、
最低限の睡眠時間で
アジア中をかけずり回り
言葉も不自由で
準備をする時間もないまま
新しい挑戦を強いられ
思うような結果も出ず
家族や大切なひとに会う時間もないような芸能生活に
異議があったのではなく

そこまで精一杯を尽くしている自分たちを
'契約書'の一部としかみてくれなかった組織に
絶望していたのですね

スマソ先生はお父さんのように頼もしいひとで
マネジャ兄は本当の兄のように親しくて
コーディ姉は恋人のように世話をしてくれ
スタフさん一人ひとりは
家族みたいな人たちだったけど

組織という名の下に集まると
そのやさしさやあたたかさはウソのように消えてしまった



一人ひとりは良いひとだし
気さくに付き合っていけるけど
それが会社や学校やサークルやママ友グループとなると
そうはいかないって経験は
誰しも思い当たることがありますよね・・・

かといって、
人は独りでは何もできないワケで
人は社会性を持つ生き物であるワケで

そんな彼らが次に求めたコミュニティが
例のシージェスだったワケなんですが
現在の活動について
彼らはこんな様に話しています



10122102



"今回のアルバムを作成するときに
アルバムの表紙から録音ミキシングまで
一つ一つすべて私達セットと会社が相談して決定しました。
『そうするのが本当に良いことだね』
という点を確かに感じました。"(ジェジュン)



10122106



そしてJYJとして活動しながら、
変わったものはデフォルトでは、
今では、`私`の仕事をしているという気がします。
気持ちが良いですね。
前には、単に仕事をする感じだったんですよ。
仕事をする楽しさをたくさん感じています。 (ユチョン)




ふーーーん
裁判用にしちゃ楽しそうじゃない(毒)



と、ここで思い出したのが
4集ショーケース前の記者会見

4集用に自作曲を50曲ほど用意したのに
実際採用されたのが2~3曲だったことを
とても残念そうに話していたジェジュン
miroticってタイトル&コンセプトを打ち出したのは自分なのに
その中身は会社が用意した楽曲ばかりだったことは
ソングライターとして
悔しかったんじゃないかと

デキるひとが「認められたい」って思うのは
当然の理であって・・・
ましてや彼らは
自分の感性や才能で勝負するアーティストですから
並々ならない自己表現欲や
自己実現欲はあって然るべきだと

そういった思いを
汲んでくれない組織に反発するようになるのも
仕方ないのかなと

表現者から
クリエイティヴィティ欲を取ったら
何も残りませんから





そして、
今回のインタビューでキモとなった発言



10122105



キムジュンスは、
"東方神起で6年ほどの活動をした。 契約期間が7年ほど残っていた。
軍隊を行って三十ネット程度になるぜ。
そして私達が
『私たちは、果たして幸せな人生を生きただろうか』
という質問を投げたときに肯定的な答えが出そうになかった。
このような反復的な生活の中では不可能だった"
と吐露した。
キムジュンスは、
"自信を持って言えることは、
今がその時よりも幸せだということだ"と述べた。




『私たちは、果たして幸せな人生を生きただろうか』



ここでいう幸せについてなんですが
皆さんは
彼らのいう幸せな人生って、どんなものだと思いますか?

大切な家族と共に暮らし
経済的にも
健康的にも
何の不自由も不安もなく
自分のやりたいことを
やりたいように続けてゆける生活

大きくて
朗らかで
キラキラ明るい未来が
どどーんと開けているような人生



うんうん、いいっすねー
たしかにそういう人生は「ウラヤマ~」って思います

んでもですね
ワタシはですね
とっても勝手な憶測なのですが
彼らがいう“幸せ”ってのは
そういうものじゃないんじゃないかなって思うのです



ニコール・キッドマンが
ヴァージニア・ウルフという女流作家を演じた
『めぐりあう時間たち』って映画があるんです
そんなに面白い映画じゃないんですが(笑)
すごく印象に残ってるエピソードがあるんです

V・ウルフは
ハードな作家生活のせいで精神を病んでしまい
療養のために只今田舎暮らしを余儀なくされていました
んが、彼女は
ふたたび作家として活躍したい気持ちを抑え切れず
都会へと戻ってゆこうとするんです
そこで、彼女の夫は止めようとするんです
「またツライ思いをするってわかってるのに
 それでも作家生活に戻るのか?」って

んでも彼女は
家族を捨てて、ロンドンへ帰ってしまう
作家として
一人で生きていく人生を選ぶのです



で、何が云いたいかとゆうと

モノを創るひとって
そういうものなんじゃないかと思うんです

ひとりぼっちになろうが
生活が荒もうが
貧乏になろうが
身体を壊そうが
精神的に凹んでしまおうが
それでも
自分が表現したいものをひたすら追求することに
“幸せ”を見い出すものなんじゃないかと思うんです



彼らがいう“幸せ”ってのは

自分たちが歌いたい唄を

それを待っているひとの前で

一所懸命に歌うことなんじゃないかと思うんです





そのことが、どうしてこんなに責められるんですか?





今回のインタビューについては
批判される部分もあると思います
軽率だと受け止められる部分もあると思います

「真実を話して、裁判を終わらせろ」
と云う人がいますが
じゃあ
その人が云う「真実」ってのは、何なんだろうか?



昨年からずっと云い続けていることですが
真実というものは
それぞれの人々にあるものであって
ジュンスにはジュンスの
ユチョンにはユチョンの
ジェジュンにはジェジュンの
チャンミンにはチャンミンの
ユノにはユノの
ワタシにはワタシの
あなたにはあなたの
真実が存在するものだと思っています

だからむつかしい
だからトラブルになる

その上、
最近のトンペンは
何でも「イイ」と「イヤ」で判断する傾向にあって
自分にとって
「イイ」ことか
「イヤ」なことか
判断基準がそれだけになってしまっているように思います

自分にとって「イイ」ことだけを受け入れ
「イヤ」なことは断固拒絶する

それは
ワタシ自身もそうだなーって思います
何をするにも
自分にとって好ましいかそうでないかという物差しで見てしまう
好意と嫌悪の感情が
善悪や正誤にすり替わってしまう

んでも、それじゃあまりに歪曲だと思う



たぶん
今の彼らに求められている真実とは
それを求めている人たちにとって好ましいと思える真実なんだと思う

んでも、それは彼らの真実じゃない

そんなものは
誰にとっても真実じゃないんです







一日も早く、この問題が解決する日が来ますように
(言霊)

そして一日も早く、
5人が自分たちの唄を自由に歌える日が来ますように
(言霊)







――ですが、
このインタビュー
残念ながら、明らかに正しくないであろう発言がありました。。。

今回の件について
「歌手をできなくなることもあるという覚悟もした。」というジュンスの発言





「田舎に行って農業をやることも考えてみた。」(ジュンス)





←ナイナイ




      
10122103
ズンスのお百姓さんスタイルを見てみたいと思った方はクリック↓↓↓
メッシュや白タンクより、うまく着こなせると思う
テーマ:★☆★東方神起☆★☆ - ジャンル:音楽




どうも、どうも~。最近はよくツイの方で絡ませてもらってます~。

まず、先にはっきりさせておきたい。
ズンスに百姓はムリだと思います。
ほっかむりは誰よりも似あいそうですが。
ユチョ辺りは逆に良いかも、
晴れたら植えて、雨降ったら家で読書、出来たら刈り取る、
案外そつなくこなしそうです。

さて話し鯛のはそんなお百姓さん発言でなくって。

自分も含めて多くのファンの方が
自分基準で良し悪しを決めてしまうことが確かに増えたと思います。
私も今年の前半については活動休止ったって、
現にシアズンス名義でCD買えるし、製薬会社に勤めちゃうジェジュを拝めたり。
残念なことにBeetv見れないんで、ヨンスユチョはみれなかったですが。取り合えずそれなりに楽しい半年でした。
今頃になってホミンが雑誌で再活動インタビュー記事とかみると、とっても裏山しくって「あ~ホミンペンさんってこういうむなしさ感じてたのかすら?」と心に隙間風吹いたり。
人様の立場がいざ自分の立場に代わった時に初めてわかる感覚もあったりして。

ましてや、自分の良し悪しの基準で、
どういう状態がシアわせか、って言ったら、
必ずしもクリエイトするお仕事に就く人の場合、
決してお金もちで、誰もがうらやむ生活をすることではない
って思うのです。
もし、今も5人での活動を続けていたとして
それが彼らとファンにとってwinwinな関係ではないような気がします。毎年だいたいこの時期にアルバムリリースで、次は全国ツアーで、年末ショーレースを眺めて・・・。
このルーティーンが彼ら物(作品)を作る人にとってはプラスでないんだと思います。
「つるのおんがえし」じゃないけど、
隠れて、まさに自分の羽をつむいで反物にするような作業をする時間も心の余裕もなかったんじゃないかな、って。
あ、なんかわかんなくなってきましたが。

なにげに彼らって日本で活動したから制作活動の面白さを知ったんじゃないかな、とか思っちゃって、「あ~現地化して活動させんじゃなかった」ってS●社が思ってたら面白いな~って思ったり思わなかったり・・。
【2010/12/21 23:09】 URL | Nuts #ew5YwdUc[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/21 23:34】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/22 22:15】 | #[ 編集]
Nutsさんに。

どうもどうも~、こちらにもコメントありがとうございます!

早寝キャラは農業向きかと思いますが。。。
まぁ、まずムリでしょうね(笑)
ユチョソは種まきとか、似合いそう!


ファンなんて
スキかキライかの選択肢しかない活動だから
基本自己中なのは仕方ないですが
最近のこの感情的な流れには
もう疲れました。。。

たしかに
この一年、左3人の活動の方が目立っていたから
そのことについて
右2人のファンの方から
いろいろ思われてしまうのは納得です
実際、チャミペンチングからも
「嫉妬に近い感情はあった」
といわれました
感謝祭ドームでは
「なぜ2人はステージにいないのだ」
ともいわれました

んでも
誤解を恐れずに云うなら
ワタシが
エスエムタウンのステージで
東方神起の曲を唄う2人を見て
「なぜ3人がいないのに歌ってるんだ」
って思ってしまうのも
納得してもらいたいなー、みたいな
すみません
ワタシ、やっぱりSMPびいきなんで、、、

人様の立場は
自分の立場が変わった時に初めてわかるってことも
わかっているつもりなんですけど、ええ


シアわせ発言についても
「どう考えても、今の彼らは幸せには見えない」
とささやかれてることも知ってます
んでも、
ワタシもNutsさんのおっしゃるように
1年の前半日本&後半韓国という
あのスケジュールをえんえんと続けて行って
彼らがアーティストとして成長できたとはとても思えないんです
完成度は高いが、似たようなアルバム
オカネはかかってるが、デジャブなステージを
ムリクリ続けていっても
どこかで打ち止めになっていたと思う
で、遅かれ早かれ
ワタシはきっとそんな彼らに飽きてしまっていたと思う
それを考えたら
無茶なマネジメントに
見切り発車なツアーであっても
3人がイチから作った音楽を聴かせてくれる方が
ワタシは嬉しいんです
ユチョソのたとえ話じゃないですが
どんなに美味しくなくても
彼らが自分たちで作ったカレーを
泣いたり笑ったりしながら一緒に食べている方が
ワタシはシアわせなんですよねー

そうですよね
エスエムが現地化教育なんかしたばっかりに(笑)
だからソシは
こんなに歌番組とか出てるのに
いつまでたってもお客さんなカンジなんですかね~?
【2010/12/24 23:06】 URL | ゆゆゆ@管理人 #I3ynuaOo[ 編集]
鍵コメ「rkmm」さんに。

こちらにもコメント、ありがとうございます(´∀`)
まとめてお返事とさせていただきますねっ

こんなのって
ただのヘリクツだって思われちゃうんだろうな~と
覚悟して書きました(笑)
そうおっしゃっていただけて
書いてヨカッタなって思っています
世の中にはいろんな意見があるんだなってことを
わかっていただけたら
それだけで嬉しいです。。。

シアちゃんも、どこまでテキトーなんだか
←そのテキトーさが愛される理由
この縦写真、
とってもスラッとしててイイ感じですが
顔のデカいのがすぐバレますねって
いや、別に誰がデカいってゆってるんじゃないですよ
誰がデカいって~モニョモニョ
【2010/12/24 23:11】 URL | ゆゆゆ@管理人 #I3ynuaOo[ 編集]
鍵コメ「パ」さんに。

いつもコメントくだすって、
本当にありがとうございます~(´∀`)

インタビュー記事、
ちょいちょい掲載内容が違ってて面白かったです
ワタシは逆に
裁判中だってのによくもここまで喋ったなと思いました
それもすべて作戦なんじゃないかなぁと

ワタシも「パ」さんに負けず溺愛ペンですので(笑)
> 彼らが決断したこと、そうせざるを得なかったこと、それだけが真実。
この言葉には大きく納得いたしました
真実と呼べるものがあるとしたら
それは彼らの希望であり、意志であると思います

ツイッタは、本当にパンドラの箱ですね
彼らの楽しげなおしゃべりや生々しいつぶやきが
彼らを責め立てる発言と共に流れてくる
でも、それが世の中というものなんだと
自分にとって
聴きやすい意見もそうでない意見も
共に存在するのが世の中ってもんだと
ただ、悪意ってのは
向けられた方も向けた方も疲弊しますからね~
ホントに何とかならないもんですかね~

文章に書いて初めて
ああ、自分はこんなことを考えているんだなって
気付くことがけっこうあります(笑)
そんなリハビリめいたblogに
いつもお付き合いいただいて、ホントありがとうございます!!!
【2010/12/24 23:24】 URL | ゆゆゆ@管理人 #I3ynuaOo[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/25 02:31】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/25 09:46】 | #[ 編集]
鍵コメ「あ」さんに。

東方神起7周年記念の夜に、こんばんは!

そうです~
オリジナリティを追求することこそが、表現者の生業だと思います
それを認めてもらえないことは
せつない通り越して、苦しいことなんじゃないかと

それぞれの真実を追求することが
ここまで負の連鎖を引き起こすことになるなんて
彼らも、私たちも、
予想してはいなかったですね
悪意ってものは
発するのも受け止めるのも
おなじくらいダメージあるもんだと思っています
だから最近は
ネットをうろつくのがとてもツラいです・・・

今回のファンミは
競争率が高かったみたいですね(涙)
でも、チャンスはまだまだありますよ
次に来るチャンスは、
逃したチャンスよりもハッピーなものだと信じましょう!
かなしい時は思いっきりかなしんで
んでも、来年こそは必ずハッピーなラッキーが舞い込むように!!
(言霊)

ワタシ、注文したショップが悪かったのか
泡風呂写真集が拝めるのは年明けになりそうですTTT
ムキーッ!
これが厄落としだと思って
来年はこそは必ずハッピーなラッキーが舞い込むように!!!
【2010/12/26 22:59】 URL | ゆゆゆ@管理人 #I3ynuaOo[ 編集]
鍵コメ「ち」さんに。

最近FC2は調子が悪いみたいで
よく「コメ書いてたら途中で消えたTTT]って
ゆわれてしまうのです・・・
なーぜーTTT
それなのに、改めてこうして送ってくださって
本当にありがとうございます

こういう時だからこそ
そうやって「わかりますYO!」ってゆっていただけるだけで
嬉しいです
自分の気持ちを理解してくださる方がいるってことは
心強いもんです!!!

エスエムが現在所属するアーティストたちの
契約内容を改めるってニュースになっていましたね
それだって
今回の彼らのことがなければ
ありえなかったはず
それだけでも
彼らの決断はとても意義あるものだったんだなと思います
彼らは何と云われようと、パイオニアなんです!
何事も
初めてそれを行うには意志と行動力と勇気が必要です
それらを備えた彼らだからこそ
絶対に解決へとたどり着いてくれるだろうと

そして、その解決の先には
5人のキラキラした笑顔があると信じています
【2010/12/26 23:09】 URL | ゆゆゆ@管理人 #I3ynuaOo[ 編集]
何時も拝見させて頂いています。

特にゆの弄りは抱腹絶倒もので楽しませて頂いてます(笑)

そうなんです。五人がそれぞれに歌えて幸せなら私達ペンも幸せです。単純な事なんです。

でもひとつだけ納得出来ない事は今が幸せならそれでいいじゃん。名前なんかにこだわらなくてもって言いたい。五人に。

かなりCoolな意見でしょうか?

五人の歌える姿が見られる来年が楽しみですね。ゆゆゆさんのレポは最高です(^O^)/ ワールドツアーありそうなのでまたお願いしますm(__)m
【2010/12/31 18:45】 URL | 桜 #-[ 編集]
桜さんに。

コメントありがとうございます(´∀`)
最近はちょとユンホいじりも控えていたのですが
今回めでたくカムバックということで
ひさしぶりにホミンにもねさるめ登場していただくことになりそうです~

5人の東方神起にこだわっているのは
他でもないペンの方なのかもしれませんね
当の本人たちの方が
もっと冷静で大人だったのかも?
そんな彼らもキライじゃないし、
なんだかドキドキします

ワタシは以前も書いたように、
5人神起は意外と早くカムバックするような気がしています(笑)
ピエロvsWHY?の歌詞対決も
なんか出来過ぎてて
そうやって両方を盛り上げ(儲け)ようとしてるとしか思えない
←たぶん異端派意見。。。

これからもねさるめをどうぞごひいきに♪
2011年も宜しくおネがいいたします。
【2011/01/04 21:50】 URL | ゆゆゆ@管理人 #I3ynuaOo[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ねさるめ サウンドトレック YU*1, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。